L-INSIGHT
Events / Seminars

イベント・セミナー

L-INSIGHT/KURA連携プログラム_パブリッシングセミナー 全2回 「ジャーナルをたちあげる」&「ジャーナルを可視化する」(2021/1/19、28)

新しい分野、境界分野の研究発表の場を創造するために学術的なジャーナルを刊行したい。
刊行はしたけれど、もっと多くの人に届けたい、国際的なオープンアクセスジャーナルとしてきちんと認められたい、SNSで安全に効果的に広報したい。でも、何から始めればよいものか……? そんな思いをお持ちの方はどなたでもご参加ください!

第1回は『フェネストラ』『MURAKAMI REVIEW』『南方文化』『Southeast Asian Studies』の立ち上げや休刊、第2回はGoogle Analytics、DOAJ、Twitterについて取り上げます。

パブリッシングセミナー 全2回
日時:第1回 2021/1/19 火 14:00~15:30「ジャーナルをたちあげる」
   第2回 2021/1/28 木 14:00~15:30「ジャーナルを可視化する」
詳細: https://ecr.research.kyoto-u.ac.jp/cat-c/c2/1103/
    https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/event/20200119/

主催:L-INSIGHT/KURA 協力:紀要研究者ネットワーク

▼事前のお申込み▼

たくさんのお申込みいただきありがとうございます。

事前申込の受付は終了いたしました。

  • 日時
    2021年1月19日(火)14:00-15:30、1月28日(木)14:00-15:30
  • 会場
    (事前登録制)
    オンライン開催(Zoomミーティング)
  • 対象者
    研究者、大学院生、職員、図書館員(京都大学外からの参加も歓迎します)
  • 講師
    第1回
    金澤周作(京都大学大学院 文学研究科)
    西洋史学専修・教授。2018年以来、同研究室が刊行するオンライン誌『フェネストラ』の創刊と編集に携わる。

    小島基洋(京都大学大学院 人間・環境学研究科)
    准教授。専門は英文学。著書に『ジョイス探検』(ミネルヴァ書房)、『村上春樹と鎮魂の詩学』(青土社)。

    山本和行(天理大学 総合教育研究センター)
    2010年に天理大学に着任。専門は近代教育史で、日本による植民地統治期の台湾を主なフィールドにしている。その関係上、2014年から『南方文化』の編集委員を引き受け、2017年からは編集委員長を務めた。

    設楽成実(京都大学 東南アジア地域研究研究所)
    2011年より部局の刊行する学術雑誌『東南アジア研究』の編集に携わる。また、2012年刊行の英文誌の立ち上げ準備にも携わった。

    第2回
    亀田尭宙(国立歴史民俗博物館)
    研究分野は、知識共有の援助、そのための情報抽出・同定・関連付け技術。科研費プロジェクトなどを通し学術雑誌の引用文献データの作成、分析、オープン化にも取り組んでいる。

    南山泰之(国立情報学研究所)
    2005年より国立極地研究所情報図書室に勤務。2007~08年,第49次日本南極地域観測隊に参加。東京大学駒場図書館(2011~14年),国立極地研究所情報図書室(2014~18年),東京財団政策研究所(2018~19年)を経て現職。

    中村威也(東洋文庫研究部)
    東洋文庫で『東洋学報』や和文単行書の編集・ 校閲・校正を10余年にわたり携わり、昨年から公式Twitterの運用を始めた。